【南部アフリカ大会】ジコもん日記

スカイプレイ!
こんにちは、ジコもんです。
南部アフリカ大会(Zon-VI)はちょっぴり悔しい結果に終わったけど、みんな全力で戦ったよ。

 

アフリカは55の国があって、陸地の20%を占める大きな大陸だよね。
だからいくつかの地域に分けて、地区大会、アフリカ大会、世界選手権へと進んでいく方式をとっているんだ。

今回、コーチYoshimuraと選手たちが戦った南部アフリカ大会は参加国の都合でZone-VI(6)とZone-VII(7)の共同開催。
ザンビアはZone-VIに所属。大会ではマダガスカル(Zone-VII所属)に負けて準優勝だったけど、Zone-VIの最上位国になったので次のアフリカ大会進出が決まったよ!

独占スクープ! アフリカハンドボール協会からの招待状の一部を入手!

コーチYoshimuraは大会2週間前にザンビア入り。選手たちと一緒に合宿して、強化にあたってくれたんだ。大会ではベンチにも入り、陣頭指揮を振るってくれたよ!その模様はNHK BS1世界はTokyoをめざす「涙が教えてくれたこと〜ザンビア 男子ハンドボール〜」でも詳しく放送される予定だから、楽しみにしててね!

 

 

インタビューを受ける、コーチYoshimura

いちばーーん!

2017年の12月にコーチYoshimuraが来てくれてから、選手たちは見違えるほどハンドボールが上手くなったよ。アフリカ大会への進出もザンビアとしては初めてのことなんだ。
日本の皆さんやコーチYoshimuraのおかげで、ザンビアハンドボールに新たな歴史が刻まれました。本当にZIKOMO(ジコモ)!

 

 

決勝戦ではヒザのケガで実力を発揮できなかったエースのムサ選手。

泣いてたね…

さっぱりして、アフリカ大会では得点王めざすって!

ピンチ! 大会翌日コーチYoshimura、再びの緊急入院!!
練習と、試合の緊張から少し疲れちゃったみたい…
本当にお疲れさまでした。

 

お約束なのかもね。

ZIKOMO(ジコモ)!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。