私たちの活動

活動趣旨

ザンビアハンドボールチームの東京オリンピック出場という目標に向けたサポートを行うとともに、スポーツを通じ「教育機会」「選手たちの人生のチャンスを広げる」一助になりたいと考えています。情熱をエネルギーに、貧しい生活の中でも夢を抱きながら一生懸命生きている彼らの夢を実現させるために、活動を続けます!

 2018年の活動実績・計画

2018年4月

アフリカ地区予選突破に向け、日本人ヘッドコーチ派遣

アフリカ地区予選(Zone6)Junior 優勝
-ザンビア首都ルサカ-

南部アフリカ大会(アフリカ地区予選 Zone6)の模様はこちら

2018年8〜9月

アフリカ大会出場予定 於:モロッコ

 

2017年の主な活動実績

2017年3月

ザンビア(首都ルサカ)にて日本ザンビア親善ハンドボール大会開催

2017年5月

ザンビア代表選手達の復学支援を実施

2017年11月

モチベーションワークショップを実施

2017年12月

日本人コーチ派遣強化練習会開催
2017年12月20日から5日間,ザンビアの首都ルサカにて,ザンビアナショナルチームの強化を目的とした練習会を開催しました。日本ハンドボール協会の協力により推薦された芳村雄太コーチを現地に派遣。強化トレーニングを実施し,南部アフリカ大会優勝を目指した実践的な練習を行ないました。

2016年の主な活動実績

2016年12月    ザンビアから13人の選手役員を招へい。東京にて交流親善活動を実施。

プロジェクトの模様はこちらから

報道振り

平均年収17万円ザンビアからハンドボールで東京へ

夢の五輪初出場へハンドボールのザンビア代表が来日

ハンドボールのザンビア代表、日本チームと初試合

ハンドボールを通じて国際交流~日本・ザンビア ハンドボール交流プロジェクトin武蔵村山(東京経済大学ニュース)

ハンドボールのザンビア代表、強豪校相手に逆転勝ち

2020年東京オリンピック出場をともに目指す「日本・ザンビア ハンドボール交流プロジェクト」が実現

ザンビアから武者修行…U20ハンドボール代表

ハンドボールのザンビア代表、充実の日本滞在2週間

武蔵村山J-COMによるテレビ放映
12月20日17:00〜,21:30〜,23:30〜デイリーニュース

調布J-COMによるテレビ放映
12月26日デイリーニュース