活動へのご支援

ご支援について

日本ザンビアハンドボール交流(ZIKOMO)プロジェクト(以下、ZIKOMOプロジェクト)では、ハンドボールを通じたザンビア青少年への支援活動を実施しております。活動や選手への支援の全ては、皆さまからのご支援を基金とし実施してまいりました。
ザンビアハンドボール選手の未来のために、皆さからのあたたかいご支援、ご声援を心からお待ち申し上げております。

支援する

主な支援事業

教育(復学)支援事業

10代も半ばになると、家計のために働きに出るのが当たり前のザンビア。才能ある若者たちが就労のため、ハンドボールをやめざるを得なくなる状況を目の当たりにしてきました。ハンドボールの強化支援策だけでは選手としての育成期間を確保できないことに気が付いた私たちは、学校教育への復学を支援することで、選手寿命を伸ばす取り組みへとつなげています。教育を受けることで卒業後の就労機会が飛躍的に増えます。そのため、ハンドボールを続けることへの周囲の理解が深まり、選手生命を伸ばすことにつながる。「教育」と「ハンドボール強化」2つの支援策は車の両輪の役割を果します。

栄養補助支援事業

2018年南部アフリカ大会決勝マダガスカル戦では、残念ながら力及ばず準優勝との結果に終わりました。対戦国のマダガスカルとザンビア選手では技術面はもとより、体格面で大きな遅れを取り、怪我の発生にもつながってくると改めて認識させられました。ザンビア選手たちの栄養状況の改善とフィジカルの向上は、競技技術強化の上で解決しなくてはならない最重要課題と認識しています。ご支援くださった基金をもとに、選手たちへの捕食、栄養補助食品の購入にあてて参ります。

支援する

ハンドボール技術強化事業

ザンビアハンドボール協会との連携のもと、ザンビア代表選手の技術強化支援を行ってまいります。高い身体能力をもつザンビア選手に日本のハンドボール技術・戦術指導を実施します。
これらの取組は日本のハンドボール指導者の国際経験の機会にもつながります。両国ならびに世界のハンドボール振興に寄与すべく当事業を進めております。

国際大会派遣、渡航支援事業

ザンビアの選手たちは、せっかく勝ち取った国際大会への出場権を、協会の運営費だけでは出場費や渡航費を賄えず、止む無く断念せざるを得ないといった悔しい経験もしてきました。当プロジェクトでは、ザンビアハンドボール協会からの支援申請を受けたうえで、内容を精査し選手たちの機会損失を防ぐ支援をしてまいります。

支援する

主な過去実績

目指せ!南部アフリカハンドボール選手権(Zone6)大会優勝 2018年4月

情熱をエネルギーに、貧しい生活の中でも夢を抱きながら一生懸命生きているザンビア共和国ハンドボール代表選手の夢と希望のため、南部アフリカハンドボール選手権大会優勝、アフリカNo1、東京オリンピック出場を目指した日本人ヘッドコーチを派遣します。日本人ヘッドコーチと共に、約1ヶ月間の強化期間経て、本大会での優勝を目指します。
Campfieにて、クラウドファンディングを実施(募集期間終了)

ザンビアハンドボールチーム五輪出場に向け日本との親善試合へ! 2016年12月

みなさまからの多くのご支援を頂き、東京招致プロジェクトは無事終了致しました。東京を中心に13日間の日本滞在。多くのハンドボーラー、ボランティアの皆さん、親善交流と通じ、ザンビア選手たちもさらなる成長への決意を胸に、帰国の途につきました。
Readyforにて、クラウドファンディングを実施(募集期間終了)